ダイカストとは

ダイカスト製造工程

ダイカストは、原材料である合金、ダイカストマシン、金型の3つの要素からなっています。
溶けた合金(溶湯)を金型の中に高圧を加えて流し込む方法で、原材料から製品までの工程が一番短いといわれています。
ダイカストマシンには固定型、可動型という2つの金型が取付けられており、圧入された溶湯がすばやく固まると、可動型が開いて製品が取出されます。
①精密な寸法、②正確な仕上がり、③美しい表面、④優れた強度を持つ複雑な形状の製品を大量生産できるため、その価値は高く評価され、金属加工業界の中で重要な位置を占めています。

【金型工程】
ダイカスト製品の製造は、金型の設計から始まります。
設計者、金型技術者、鋳造技術者などが一体となって金型を検討した後、コンピューターでスピーディーに設計が行われます。

金型工程


【ダイカスト工程】
最新鋭のダイカスト設備で、T.T.Cは様々な製品に対してフレキシブルに対応しています。

ダイカスト工程


  • 会社案内
  • 主要設備
  • 商品紹介
  • ダイカストとは
  • 製造工程
  • ダイカストが選ばれる理由
  • お問い合わせ
堺技衆